傷病手当金申請したの?と言われて調べてみた!

日常

こんにちは、あゆですっ!

胃を悪くしてしまい、今夏しばらくお仕事をお休みしていたわたし。

今の職場は4月に入職したばかり。

有給もまだもらえておらず、勤務表は欠勤欠勤欠勤欠勤欠勤のオンパレード(にこ)

そんなときに、事務さんからこんな一言をもらったのです…!

「余計なお世話かもしれないけど、傷病手当金申請したの?」

ショウビョウ…テアテキン……^^

(……なんか、聞いたことはある)

   

傷病手当金とは?

傷病手当金(傷病手当金)とは、健康保険法等を根拠に、公的医療保険(健康保険、国民健康保険、船員保険、各種共済組合等)の被保険者が疾病または負傷により業務に就くことが出来ない場合に、療養中の生活保障として保険者から行われる給付(金銭給付)である。

Wikipedia

つまり、病気や怪我で働けない期間、十分なお給料等をもらうことができない場合に、生活保障のため支給されるお金のことです。

  

ただし、仕事を休んだ日が連続3日あった上で、4日目以降休んだ期間に応じて支給されます。(わたし、気付いたら連続21日間休んでたから該当だ!)

また、休んだ期間に傷病手当金の額よりも多くお給料等をもらっている場合には、傷病手当金の支給対象外となるとのこと。そりゃそうですよな。

   

支給金額ってどのくらい?

傷病手当金の支給日額は、決められた計算式に基づき決定されます。

[支給開始日以前の継続した12ヶ月間の各月の標準報酬月額を平均した額]÷30日×2/3

ざっくり考えると、過去12か月の給与をベースに一日分の給料を算出。その2/3の金額=傷病手当金の支給日額といったところでしょうか。

支給要件

①業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること

②仕事に就くことができないこと

③連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと

④休業した期間について給与の支払いがないこと

   

と、まぁ何やらいろいろと決まりごとがあるようだというのは分かりました!

一番知りたいのは、わたしが申請できるのかということ。

てっとり早く、協会けんぽに、お電話☎

  

もしもし、協会けんぽ(全国健康保険協会)ですか

思い立ったが吉日だってよく聞くので、すぐにお電話してみました。

出てくださったのは、物腰やわらか系の男性の方。ていねいに応対してくださいました!

  

入職してまだ1年経たないんですけど申請できますか?

「現在も在職中であれば、問題ないですよ」

→支給日額の計算に、「支給開始日以前の継続した12ヶ月間の」という文言が書いてありますが、在職12ヶ月未満の場合は別の計算方法があるとのこと。いえい!

  

必要書類はなんですか?

「協会けんぽホームページから、健康保険傷病手当金支給申請書 のPDFがダウンロードできるので、印刷して出してください」

申請書は4ページ

1ページ・2ページ目は申請者(わたし)が書く「申請者情報・申請内容」

3ページ目は「事業主の証明」

4ページ目は「療養担当者の意見書」(主治医)

で構成されています。

リンクはこちら↓

健康保険傷病手当金支給申請書 | 申請書のご案内 | 全国健康保険協会

   

申請してみる!

というわけで、必要書類をただいませっせと準備中です!

なんでもかんでも基本は申請主義の日本なので、病気や怪我で働けなかった経験のある方は、ぜひぜひ制度活用しましょうね!1年6か月はさかのぼって申請できるそうですよっ^^

  

ここまで目を通してくださり、ありがとうございました。この記事が、少しでもあなたのお役に立ちますように。あいをこめて!

コメント

タイトルとURLをコピーしました