キウイフルーツの意外な事実

お役立ち情報

こんにちは、あゆですっ!

保育園で育てたキウイフルーツが大量に収穫できたそうで、ご自由にお持ち帰りくださいとアナウンスが。我が家もすこしお裾分けしていただきましたぁ。

キウイがこんなに転がってるなんて最高~~!ひゅーーー!

わたくし、大興奮でありますっ^^

      

そんな中から、ひとつ手に取ると、ものすごい違和感が。

むむ……硬い。硬すぎる……

    

キウイは収穫してそのまま食べられない

なんということでしょう。。

硬くて、とても食べられたもんじゃないんです。。かなし~い。

     

追熟方法

実は、キウイフルーツは追熟が必要な果物とのこと。

方法は以下のとおり。

  • 室温で数日保管。(冷蔵庫に入れると追熟が進まない)
  • リンゴバナナと一緒に保管。(エチレンガスの発生)
  • 1つだけ表皮を傷付けたキウイを、他のキウイと一緒に保管。

など☆

我が家では、リンゴを購入してきて、ビニール袋に一緒に入れることにしました!

キウイは皮ごと食べるといいらしい

これまた、なんということでしょう。。

ちょっと冗談かと思いましたが、キウイの産地として有名なニュージーランドでは皮ごと食べるのが主流なんだとか。(半信半疑)

       

皮に含まれる豊富な栄養素

皮ごと食べることで、摂取できる食物繊維は2倍

ポリフェノールにいたっては、果肉のなんと3倍にもなるのです。

また、免疫力を高めてくれる多糖体も豊富に含まれているのだそう。

そこまで言うのなら、皮ごと食べてみようかという気になってきました!1ミリくらい。

     

もちろん、果肉の栄養素が豊富であるのは言うまでもないですよね。ビタミンCをはじめとするビタミンやミネラル、消化を助けてくれる酵素などなど、それはスーパーフルーツと言っても過言じゃないほどなんですよ。

    

でも、あの皮はやっぱり抵抗ありますよね

なんかチクチクしそう。これに尽きるな。

だって、キウイって鳥のキーウィが語源っていうじゃないですかぁ。。

さすがに鳥丸ごとは口に入れられないもん!!!(なんかちがう)

    

えーと。文句ばっかりじゃなくて、ちょっと調べてみましたら。

たわしで洗えばあっという間にツルツルになるとか、スライスして食べるといいとか、丸ごとミキサーなんていう力技まで、結構いろいろ見つかりました。さすがクックパッd…

     

百聞は1doにしかず

実食!!

スライスして、皮の部分ごといってみましたぁ。

もぐもぐ!

もぐもぐ!

もぐんんん…

やっぱり皮は食べにくいな。(想像通り)

けど、嫌な感じは思ったほどじゃなかったです!1ミリくらい。

ちょっと酸っぱくって、きゅんとするお味でした♡

    

まとめ

市販ではないキウイでも、結構しっかりキウイです!

甘さは市販のものには、やっぱりかなわないですが、甘酸っぱい青春のような風味を味わいたい方は、キウイ育ててみるのおすすめ(笑)結構育てやすいみたいですよ。

そして、キウイのすばらしい栄養素を余すことなく摂取したい方は、皮ごと食べるのはアリ

でも、おいしさや舌ざわりを重視の方は、皮剥きましょう^^

さっ、キウイ食べたくなってきましたね☆ おいしくいただきましょう!

     

ここまで目を通してくださり、ありがとうございました。

この記事が、少しでもあなたのお役に立ちますように。あいをこめて!

コメント

タイトルとURLをコピーしました