ほっこり♡子どもの言い間違い特集

子育て

こんにちは、あゆですっ!

子育てをしていると、子どもが言い間違う場面に出くわすことがしょっちゅうあります。

いい大人が時にお腹を抱えて大爆笑することもしばしば(笑)

お子さんのいらっしゃるご家庭では、「あるある~!」と共感すること間違いなしです!

今日は、そんな“子どもの言い間違い”をピックアップ。

ぜひぜひ、みなさんほっこりしてくださいね~~♡

   

つぶつぶ感あふれるねっ!

ズーラシア(横浜市立よこはま動物園)に連れて行った時のこと。

それはもう大興奮の甥っ子くん!(当時3歳)

終始、声を張り上げて

どうつぶえん!!!どうつぶえん!!!」

と絶叫していました(笑)

    

なんで入れ違っちゃうかなぁ

こちらも当時3歳の甥っ子くん。

どうしても、お味噌汁が言えない……っ!

おしそみるもっとちょーだい」

彼は、音の入れ違いが多いのが特徴^^

     

熱唱♪♪♪

TVを見ながら一家団欒^^

某ピアノ買取業者のCMが流れると、大熱唱のむすめ(5歳)。

ピアノ売ってちょ~だい♪

みんなまぁるく♪

たけのこピアノ~~~♪♪

    

意地でも信じない(笑)

なぞなぞ遊びをしていたときのこと。

   

Q.文句の多い動物ってなあに?

A.うし(もう~!もう~!というから)

   

↑こんな問題を出していました。

むすめ(5歳)は、うーんうーんと頭を悩みに悩ませてから、

    

「わかったぁ!!ゴリダ!!!」

   

ゴリダwwwwwww

  

(ちょっと待って、ゴリダって言った?)

「うん!ゴリダ!! ゴ・リ・ダ!!!」

(それって、もしかしてゴリラのこと?)

「ちがう、ゴ・リ・ダ!!!」

    

ちなみに、どうしてゴリダという生き物が文句の多い動物なのかたずねると、

「ゴリダは、ぽんぽこぽんってお腹をたたくから」

だそう(笑)

もうどこからつっこめばいいのやら^^;

    

その他

テレビは、テビリ、

蚊にさされたは、蟹にさされた、

スポンジボブはズボンズボンなどなど、

本人はいたってまじめに言い間違えてるのが、またかわいいです(笑)

   

まとめ

いかがでしたでしょうか?

くすっと笑っていただけたならうれしいです^^

こんな言い間違いも、聞けるのは今だけ…と思うと、いとおしさが倍増しますね(親バカ)

「うちの子はこんなこと言ってたよ~!」

なんていう、ほっこりエピソード、よかったら教えてくださいね♡

   

ここまで目を通してくださり、ありがとうございました。

この記事が、少しでもあなたのお役に立ちますように。あいをこめて!

コメント

タイトルとURLをコピーしました